読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつかギャフンと言わせたい

平凡な会社員が、いつか周りをギャフンと言わせるために日々スキルを磨くための記録。

Rで散布図行列1

「Rでプロット」と「Rでデータ書き出し1」を受けて、今回はちょいと見た目にぐっとくるグラフィックを表現したいと思います。その名も散布図行列。散布図をたくさん行列の形で表現するというそのままの意味です。データは前回のものを用います。 例によって…

Rでデータ書き出し2(グラフィックの保存)

「Rでデータ書き出し1」では、R内で計算や処理されたデータをファイルで保存することを確認しました。今回は、プロットデバイスに表示されたグラフィック(一応インフォグラフィックス)をデータ保存することを確認します。 グラフィックの保存方法は大きく…

Rでデータ書き出し1(データ値の書き出し)

「データ読み込み2」では、単純なデータセットをRに読み込んでプロットしてみました。今回は、ちょっとデータを増やしてみます。この辺からエクセルよりもパワフルだということが実感できるかもしれません。 前回の流れから、GDPデータを拾ってきます。今度…

Rでデータ読み込み2(データの読み込みと処理)

「Rでデータ読み込み1」の回では、まず作業ディレクトリの変更を確認しました。 こんなの当たり前だろ!という声もあるかと思いますが、以外と忘れがちですし、これがないと全く先に進めません。(うっかり完全に忘れていて、イライラし続けることも多々あり…

Rでデータ読み込み1(ディレクトリの変更)

さて、Rネタが続きますが、あくまで自分のためです。 複数データをプロットの回では、matplotというコマンドを用いて複数データをまとめてプロットできました。こうゆうことが簡単にできるということがわかれば、なんだか世の中のデータをプロットしたいなぁ…

R言語向けテキストエディタ

前回のエントリでは、複数データ(簡単なベクトル)を同じグラフ内に描くことを確認しました。しかし、Rに限らない話ですがプログラミング言語を使う際、いちいち直接入力してられません。(Rではコードを入力する画面をコンソールと言います。) そうゆう悩…

Rでプロット(複数のデータを散布図で描く)

前回のエントリで、Rの超基礎的プロットを記録しました。 今日は、その基礎的プロットからちょっとだけ進歩。複数のデータ(時系列データなど)を同じ図の中に描くことをやってみます。 例によって、いきなりコードの紹介 x <- 1:10 y1 <- 0.8*x y2 <- 1.0*x…

Rでプロット(基礎)

Rでできることを基本から確認していきます。 できることなんて、ユーザーのアイデア次第で無限にあるので、私が主に使用している数値解析用の使い方を記録しておきます。 まずRをインストールして、コンソール立ち上げたら、白い画面に以下をコピぺしてエン…

Rの基礎

R これは、右という意味ではない。スペシャル統計解析用プログラミング言語「R」のことである。このRというソフトは、一般的にはほぼ知られていないのではないだろうか。しかしながら、自然科学系の学者、統計学者、経済学者など、大量のデータを扱い、統計…