いつかのぎゃふんのために

いつか誰かをぎゃふんと言わせるまで、RやQGISを使ったデータ解析や本や映画のレビューを書き記します

【続・Amazonねた】THULE paramount 27Lは以外と小さかったので返品した結果・・・


スポンサードリンク

なんとなく衝動的に買ってしまったのです。

店頭でもなかなか置いていないTHULEのバッグ。

ようやく見つけた店舗で、背負う部分の強度を確認できたので、アマゾンで購入。

発注後、2日ほどで到着。

ダンボールでかいよ!

そして、開封し自分の持ち物を詰め込んで見ることに・・・

しかし、これ思ったよりちいさい!


たしかに、バッグ底のマチは広くあるけれども、全体的なサイズは、ノースフェイスのシャトルデイパック程度です。


返金額が少なすぎる・・・

今回のこのバッグは、クーポンやらギフト券を駆使して、12000円ほどで購入しました。

そして、思ったより小さかったので、Amazonへ返品へ。

サイトの指示に従って、返品用のラベルを印刷。

コンビニへ持ち込みました。

今回のものは、バッグ類なので、着払いでいいだろうと思い、着払いで返送。
なので、運送料がわからぬまま、Amazonからのメールを待つこと1日。

「バッグの返品を確認しました。」
「返金額は、6800円となりました。」

おーい! だいぶやすなっとるやないかい!

購入金額:12000円
返金額:6800円
差 額:5200円!

この差額が、返送料だというのか!?

だとしたら、コンビニのおねぇちゃんにやられたのか。

問題は返品理由だった

今回、返品手続きの際、おそらくこの点を間違っていました。

返品理由「間違って購入したから」

正直すぎ!
我ながら、何も考えずに手続きしてしまいました。

たぶん、この手続きのせいで、返送料を支払ってもらえなかったのだと思います。


あと、もう一点致命的なミスを犯してしまっていました。

開封した時、嬉しさのあまりタグとっちゃった!
そして、捨ててた!!


こりゃ、ダメですね。
せめてタグを捨てずに同封しておけばまだ返金額も多かったかも。

というわけで、何かを買う時はもっと慎重にいきましょう、と心に決めました。

今回は、前みたくAmazonを責めるわけにはいきません。
demacassette2.hateblo.jp


んじゃ何買う?

今、欲しいバッグに求めている条件は、

  • 一泊二日程度の出張でもいろいろ詰める量
  • サイドポケットはマスト
  • 15インチ程度のPCが背中側にセパレートに入ること


といった感じです。これにマッチするアイテムは、こんなところでしょうか。

[デサント] リュックサック  DAC-8770 BLK BLK

[デサント] リュックサック DAC-8770 BLK BLK

[マーモット]リュックサックASHCREEK 34ブラック

[マーモット]リュックサックASHCREEK 34ブラック

まだまだリュック探しの旅は続くようです。。。