読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Without Me

自分の自分による自分のための記録

インターステラーが面白かった。【ネタバレなし】

ちょっと古い映画ですが、インフルエンザにかかってしまい、家にいてもやることがないので、過去に見たかった映画をいくつかみました。その一つがこれ。

インターステラー(字幕版)
インターステラー 特典&メイキング映像付(字幕版)

なんとも長い映画でした。でも面白すぎた。

【ワーナー公式】映画(ブルーレイ,DVD & 4K UHD/デジタル配信)|インターステラー
www.youtube.com

監督

クリストファー・ノーラン
f:id:demacassette:20170326053227j:plain
 ダークナイトが大ヒットし、一躍名前が知れ渡ることになったと思います。実はダークナイト以前にも、作品はかなり作られており、プレステージメメントなんかは、見たことがありました。
 この方は、撮影方法にかなりこだわりがあるようで、例えばインセプションの中で登場する重力がぐるぐる回るシーンなんかも、実際にセットを組んで撮影したのだとか。通りで、本当に迫力のある映像になっているわけです。


以下、代表作
   

あらすじ(ネタバレなし)

 Amazonビデオの説明より

地球の寿命は尽きかけていた。居住可能な新たな惑星を探すという人類の限界を超えたミッションに選ばれたのは、まだ幼い子供を持つ元エンジニアの男。彼を待っていたのは、未だかつて誰も見たことがない、衝撃の宇宙。はたして彼は人類の存続をかけたミッションを成し遂げることが出来るのか?

 そうなんです。設定としては、地球では住めない環境になっちゃう!やばい!からストーリーは始まります。この辺は、よくある宇宙探索ものと大差はないのですが、実はその住めなくなる理由が、あまり他にはない設定だと思います。それは食糧難。



感想(ネタバレなし ←しつこい?)

トーリー設定が秀逸

 ストーリー自体は、一応明瞭に説明してくれますので、助かりました。ただし、専門用語が多くて、すべてを理解することは難しいです。ただ、なんのために宇宙に行っているのかとか、キャラクターそれぞれが行動する理由ははっきり説明してくれます。宇宙系の知識が豊富な方が近くで解説してくれながら観ると、もっとのめり込むのかも。

とにかく宇宙がきれい

 映像へのこだわりなのでしょうが、宇宙空間の映像が美しすぎます。実際に宇宙に行ったことはありませんので、本物かどうかはわかりませんが、かなり引き込まれました。やはりこだわりは大事だなと。

アンハサウェイの魅力たっぷり

 アンハサウェイファンとしては、見ないわけにはいかない作品でした。最後のどんでん返しは、多少予想はつくものの、それを超えるものではありました。ネタバレなしのレビューなので多くは語れませんが、3時間近くあるにもかかわらず、シーン展開が見事で、飽きることなく見ることができます。


ネタバレありの解説集

 実はこの作品、劇中にいろんな専門的な話が出てきます。それが単なるSFではなく、かなり現実の理論に基づいて展開されているのも魅力の一つ。インセプションの際も夢の夢の奥に入っていくというのは、明晰夢という現実にある現象を応用したものでした。一方、インターステラーの話は宇宙、物理学、相対性理論など、かなり専門性が高いため、それらを解説したブログがわんさか出てきます。ここでは、その内容には触れません(ネタバレなしだから!)が、紹介だけさせていただきます。各記事、見ごたえありです。

lifememo.jp
d.hatena.ne.jp
ykondo57.hatenablog.com
what-a-wonderful-world.hatenablog.com
matomenai.info
gigazine.net

あわせて観たい

 宇宙系の映画ってかなりありますよね。その中でも、インターステラーを好きな人なら、きっと面白いと思うであろうものを並べてみました。