いつかのぎゃふんのために

いつか誰かをぎゃふんと言わせるまで、RやQGISを使ったデータ解析や本や映画のレビューを書き記します

ライトニングケーブルが接触不良から復活する方法

アップル製品をお使いの方で、結構頻繁に起きるのはではないでしょうか。

ライトニングケーブルで充電できなくなった!


ライトニング ケーブル【3本セット1M/2M/3M】USBケーブル8pin 持ち運びが容易高耐久編み Lightning ケーブル急速充電対応

たぶん原因はこれ。

なんか、金属部分がダメになっている??

よく見ると、錆びているようにも見えますね。

うちの場合、子供が小さいため、知らぬ間になめてしまっていることもあります。

なめていること自体、子供にとってもよくないのですが、ライトニングケーブルにとっても良くないことになっているようです。

私は以前なら諦めていたのですが、ちょっと考えてみました。


錆びている(仮説)なら、削ればいいんでは?

というわけで、やってみました。


使用したのは、精密ドライバー。
 

ま、一般に売っているやつです。

一番小さいサイズのマイナスドライバーを使って、錆びてグレーになっている部分を削ってみました。

こんな要領で。


どれくらい削ったかというと。。。

おもて面

うら面


そして、いよいよ充電器に挿してみます。


すると
 ・
 ・
 ・
 
 
 
 
 
見事に復活しました!!

やってみるもんですね。


今回、使用した道具
・精密ドライバー(マイナス)
・やってみる勇気 ←これ大事!



ライトニングケーブルが接触不良になって充電できない場合には、一度試す価値はあるかもしれません。