いつかのぎゃふんのために

いつか誰かをぎゃふんと言わせるまで、RやQGISを使ったデータ解析や本や映画のレビューを書き記します

【QGIS】QGIS3.0がリリースされたので早速インストール


スポンサードリンク

QGIS関連記事がだいぶお久しぶりなのですが、記事にしていないだけで、実はいろいろやってました。その一つに、QGIS3.0インストール&お試しがあります。


f:id:demacassette:20180516224558p:plain
QGISプロジェクトへようこそ!


触ってみた感触をざっとご紹介!

QGISとは

これはもう言わずもがなですが、一応念のため言及しておきます。

GIS・・・Geographic Information System(地理情報システム)
QGIS・・・Q(究極に使いやすいオープンソースな)GIS

違います!

昔は、Quantum GISと名乗っていましたが、いまはその意味ではないようです。じゃあQってなに?
QGIS - Wikipedia

一般的に市販されているGISをソフトをまともに買うと、最低でも30万円位するんです。
一方、QGISオープンソースのため無料! ただし保守とかメンテは自己責任でね。

機能面では、いまやQGISの方が使いやすいのではないか?と思うくらいです。世界の有志が助け合って、ソフトの機能や使い勝手を高めてくれています。

詳しい内容は、いろんなスライドシェアなどを参照ください。例えばこれ。

www.slideshare.net



QGIS3.0 early adopterとは

2018年2月23日にリリースされたQGIS3.0は、いつものようにまだ地名がついていなくて、「 early adopter」となっています。つまりは、まずはコアなユーザー向けという解釈かな。

公式HPには、今回のアップデートでの変更点がまとめられています。
http://changelog.qgis.org/en/qgis/version/3.0.0/

って、英語なので読みにくい!
というわけで、実際に触りながら何が変わったかを体験してきたので、それについては後述します。


QGIS3.0をインストール

WindowsユーザーとMacユーザーでインストール方法には違いがありますので、要注意です。
詳しくは、以下の記事をご参照ください。

Windowsユーザー
tech.godpress.net

Macユーザー
day-journal.com


やったことがある人はわかると思いますが、とにかくインストールに時間がかかります!
私の周りで数人見ましたが、PCスペックが高くてもインストールには時間がかかっていたので、時間があるときにインストールすることをお勧めします。


QGIS3.0になって変わったこと

QGIS3.0公開に際して、日本のQGISユーザーコミュニティが、「QGIS 3.0 HackFest Japan!」なるものを開催していたので、ここぞとばかりに近場のFestに参加してきました。

qgis.connpass.com

そのイベントの中では、QGISスキルレベルが異なる参加者たちが、各自のやりたいことを試しながら、「あれ、あの機能どこいった?」とか「こんな使い方ができるようになってる!」といったことをあーだこーだ共有するというゆるい会でした。

その雰囲気がまたたまらなかった!

また、参加者が気づいた点は、リアルタイムでウェブ上で共有され、自分では気付かない発見をすぐに知ることができました。
QGIS 3.0 HackFest Japan! - HackMD

まさに現代っぽいイベント!会社の会議もこうゆう感じでいいのに。。。


特に個人的にグッときた変化を二つご紹介。

Geopackage登場。さよならシェープファイル

QGIS3.0から、新たに「Geopackage」という出力形式が追加されました。
これは、QGIS独自の形式と思われ、国際的にいつの間にかデファクトになりつつある某E社の「シェープファイル(shp)」との決別を宣言している気がしました。

もちろん、これまで通りシェープファイルの読み込み、書き出しは可能です。
安心してください。

Geopackegeについてはこちらを参照
koutochas.seesaa.net



XYZ tileが使いやすくなった

QGIS2.Xまでは、背景地図を読み込む際、WMS(Web Mapping Servise)というものを使用していたかと思います。(私はこれしかしらなかった)

しかし、サーバーとの連携がうまくいかなくて背景地図が表示されないことが多かったのですが、QGIS3.0からは、「XYZ tile」というレイヤー機能が追加され、ダブルクリックするだけで、お好みの背景地図を読み込めるようになりました。しかも表示速度も結構早い!

XYZ Tiles
f:id:demacassette:20180516230650p:plain

好みの地図をダブルクリックするだけ
f:id:demacassette:20180516230717p:plain

あっという間に、レイヤに追加されます。これは便利すぎる!

ちなみに、この画面のようにあらかじめ背景地図を用意するには、ちょっとした操作が必要です。詳しくはこちら。
qgis 3.0 - Will the OpenLayers Plugin be updated for QGIS3? - Geographic Information Systems Stack Exchange
ここにある作業を人に教えてもらってやったので、これだけ振り返ってもわかりません。
あとからちゃんと記事に残すつもり。。。(ほんとか?)


さいごに

QGIS3.0がリリースされたにもかかわらず、QGIS2.xは共存できることがありがたかった。勉強会でも講師の方が言っていたが、オープンソースのソフトウェアは、アップデートすると前の形式のファイルが読み込めなくなるのではないか?という恐怖があり、なかなかアップデートに踏み込めない気がします。

でも、今回は勇気を持ってアップデートしてよかったです。
今後は、QGIS系の記事も強化していかねばなりません。(でないと、自分が忘れてしまう)


(参考)

[オープンデータ+QGIS] 統計・防災・環境情報がひと目でわかる地図の作り方

[オープンデータ+QGIS] 統計・防災・環境情報がひと目でわかる地図の作り方

地図化すると世の中が見えてくる

地図化すると世の中が見えてくる

地理空間データ分析 (Rで学ぶデータサイエンス 7)

地理空間データ分析 (Rで学ぶデータサイエンス 7)

基礎からわかるGIS

基礎からわかるGIS