読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Without Me

自分の自分による自分のための記録

【QGIS】選択地物にのみ変更を加える(完全版)

以前、取り急ぎメモで記録していましたが、画像付きでの完全版を記録。

例えば、あるエリアの建物やポイントを選択して、選択された地物の属性だけ変更したいときの手順です。

  1. 変更対象の地物を選択
  2. 属性テーブル→フィールド演算
  3. 既存カラムを更新を選択
  4. 変更したいカラムを選択
  5. 演算スペースに一括入力したい文字や数値を入力。※文字列を挿入する場合、ダブルコーテーション(" ")ではなく、シングルコーテーション(' ')で囲むこと!
  6. 選択フィーチャーだけに適用のチェックボックスにチェックを忘れずに!
  7. OKを押したら念願の一括更新!

f:id:demacassette:20160109002322p:plain
初歩的でシンプルな作業ですが、ちゃんと手順を踏まないと全然できません。(私はひたすらダブルコーテーションで文字を囲っていたのでできませんでした。イライラ)

まずは抽出したい地物を検索

 今回は例題として、全国にある駅の中から「本町」という名前がつく駅を抽出してみます。
f:id:demacassette:20160109002931p:plain
属性テーブルを開いて、左下のボタンから検索したいカラムを選びます。検索窓に「本町」と打ってエンターキーを押せば、「本町」が含まれる駅がずらっと出てきます。

その画面で、すべて選択(ctrl+A)です。
f:id:demacassette:20160109003018p:plain
これで抽出された地物がすべて選択されます。また、属性テーブルの左下で、「すべての地物を表示」に切り替えても選択状態は維持されています。これがミソ。

f:id:demacassette:20160109003048p:plain
こんな感じ

選択地物のみに変更を加える

 今回の本題ですが、さきほど抽出された選択地物にのみ変更を加えていきます。「本町」という駅だけをハイライト表示したいので、一旦ダミーで印をつけておきます。
抽出駅というカラムを新しく作り、選択された地物にのみ「本町という名がつく」という文字列を挿入します。
f:id:demacassette:20160109003352p:plain

この際に、前述の注意点です。文字列の場合は、シングルクォーテーションで囲めば、そのまま挿入されます。その際、カラムのデータ型を文字列(string)に設定しておくことも忘れずに。

本町がつく駅だけハイライト(東京、大阪)

 せっかくできたので、地域ごとの傾向を見てみます。まずは東京の本町がつく駅
f:id:demacassette:20160109003830p:plain
4つかな?いやいや数えたいところだけ選択して属性テーブル見てみたら、7つありましたか。
f:id:demacassette:20160109004425p:plain


大阪も見てみます。
f:id:demacassette:20160109003905p:plain
これも4つかな?いえいえ大阪の本町はいっぱいあります。あと杉本町というのが含まれているのが笑えますね。

それは置いといて、大阪で本町がつく駅は、10つありました。
f:id:demacassette:20160109004718p:plain


・・・だから何?という状態ではありますが、この機能を使えば、分析の幅は広がるのではないでしょうか。もちろん分析の前に考えたい仮説設定が最重要ですけどね。


では。