いつかギャフンと言わせたい

平凡な企業研究員が、いつか周りをギャフンと言わせるための野心的かもしれないゆるい記録

【R】Rでテキストマイニング(第2回 ワードクラウドを作ってみる)

最強統計処理ツールRを用いて、テキストマイニングするシリーズの第2回目です。
(※編集中だけど、一旦公開します。なぜ??)


今回は、ちょっと前に流行ったこんな図を作ってみます。
f:id:demacassette:20170912225405p:plain

  • 準備すること
    • パッケージのインストール
      • パッケージのインストール方法は二つ
    • ワードクラウドにする題材
    • ワードクラウドをつくるコード
  • ワードクラウドやってみる
  • 参考図書
続きを読む

『トヨタ語の力』の中で、明日から使いたくなる印象に残った言葉たち。

ちょっとした仕事の山場を越えたので、久しぶりに読書タイムです。

少し間が空いたので、文字を読むということへのリハビリの意味も込めて、読みやすい本をチョイスしました(借りました)。

トヨタ語の“力

トヨタ語の“力" 部下を変える一言、現場を動かす一言


トヨタとかホンダとかソニーとかの本って、手を替え品を替え、よくありますねー。これは、本好きの先輩から借りました。

なんと、2017年7月31日発売の、発売後4日しか経っていないフレッシュな書籍です。
(と、借りたのは8月なのにレビューは9月になってしまいました。。。)

  • 著者
  • 第1章 部下が「自分で動いて成果を出す」
    • 04 君の仕事の目的は何だ?相手が喜べば、君も嬉しいからだろう。
    • 06 仕事は権力・権限ではできない。理解と納得によって進める。
    • 11 自分を超える部下を育てよ
    • 12 部下の知恵は無限である
  • 第2章 「もう一歩先に」サッと踏み出せる
    • 01 アイデアがあったらまずものをつくってみろ
    • 06 まずは60点でいい。もとかく進めよう。
    • 10 指摘するだけの診断士ではなく、現場を改善できる治療士になれ。
  • 第3章 失敗に対して前向きになれる
    • 01 やる気のある者に挫折感を与えてはいかん。
    • 03 失敗のレポートを書いておけ
    • 06 止まるではなく止める
    • 10 頼れるのは自分だけだ。危機をバネにしろ。
  • 第4章 頭が「アイデア工場」に変わってゆく
    • 02 プラスアルファの知恵をつけなさい
    • 05 ゼロを一つ取って考えろ
    • 08 見つかるまで探せ
    • 13 せっかく不満を感じたのだ。それを満足に変えてみろ。
    • 15 異論がなければ異論をつくれ。
  • 第5章 「伝え方」「学び方」に革命が起きる
    • 07 仲の良いケンカをしろ
    • 12 自分の城は自分で守れ
  • 第6章 改善が自然に「仕組み化」される
    • 05 「自分にしかできない」と威張ってはいけない
    • 07 増産体制を整える時、減産体制への移行も準備しておく。
    • 08 青写真を描くだけで満足するな
    • 09 改善を徹底すると改革に行き着く。
  • 第7章 高い理想と手堅い商売が一つになる
    • 01 いい車をつくろうよ
    • 02 志ある限り苦労は報われる
    • 06 勝つなら鼻の差ではなく周回遅れにする。
  • 感想
  • 合わせて読みたい
続きを読む

iPhone XかiPhone 8にしようか悩んでいるし、アップル新社屋も気になるしで眠れない。

9月13日未明。
アップルの新商品発表会が行われました。
リアルタイムでみようと思いましたが、さすがに眠いのでやめました。

そこで発表された内容は、いつものごとくアップルのHPで見ることができます。
Apple Events - Keynote September 2017 - Apple

発表のワンシーン
f:id:demacassette:20170913231319p:plain
ってか、後ろの画面でかすぎませんか???
さらに、画質が綺麗すぎる!!

続きを読む

【R】Rでテキストマイニング(第1回 イントロダクション)

フリーの統計処理プログラミングツール「R」を使って、テキストマイニング(文字列の分析等)を行う一連の流れを記録しておきたいと思います。

急に、Rネタが出てきたのはなぜか?

やっぱRは最強ツールだから、周囲から需要が出てきた!

ま、多かれ少なかれ、そうゆう理由です。
やはり人間は、求められない限りあまり主体的に動けるような存在ではありません。
一方で、そのうち求められるだろうから、粛々と準備しておこうという姿勢は持つことはできます。
地道にこのブログ等で記録しておいてよかったな、と思う瞬間でもあります。

続きを読む

ブログ更新を継続するって難しい。

こうゆう記事はあまり書くつもりはないのですが、なんとなく書き留めておきたかったので、考えてみます。


個人のブログって、続けるのが難しいと改めて感じています。

もちろん、このブログは一応続いているわけですが、更新頻度がかなり不定期です。

それは以下の理由からかと思っています。

  1. 定期的に更新するネタがない
  2. ブログを書く時間を特に決めていない
  3. 本ブログの軸が定まっていない

そのほかにも理由はあるかと思いますが、概ねこの辺りがネックになっています。


もう少し分析してみると、こんな悪循環に陥っているのかも。


ブログの軸が定まっていない
→定まっていないので、固定客がいない
→固定客がいないので、更新する義務感がない
→義務感がないので、更新のための時間をつくらない
→時間を作らないので、更新されない


まぁ、間違っているかもしれませんが、自分なりにはこうだと思っています。

やっぱ義務感って大事です。これが自分から湧き出るものもあれば、他人から求められることも。


以前、ホンマでっかTVに大物ユーチューバーのヒカキンさんが出ていた時もこんなこと言ってました。
「強迫観念的に動画を作ってアップしている・・・」
ま、この言葉そのものを言っていたわけではないですが、そうゆう主旨のことを話していました。

やはり人気者になるということはある意味もう脅迫されている状態なのでしょうか。


そうゆう状態になれば、きっと忙しい中でも時間を割いてブログも更新したくなるのでしょうか。

自分がどうゆう目的をもってこのブログを続けるかを再認識した上で、ぼちぼち更新しようかと思います。



強迫観念的に更新しても、体が持ちそうにないですしね。
(それで飯食っていけるようになれば話は別なのかもしれないが)


とりとめもない記録でした。