漫画「土竜(もぐら)の唄」が面白すぎて眠れない。


スポンサードリンク

ちょっとハマりすぎています。やばいです。


土竜の唄」は、すでに実写映画化されており、地上波でも放映されたことがあります。

なぜか、映画の公式サイトは閉鎖されているけど・・・

ざっくりストーリー

簡単に言うと、警察官がヤクザ組織に潜入捜査官としてもぐって、ヤクザ組織のドンを逮捕することを目指す話です。でも、なんやかんやもぐればもぐるほど、組織に気に入られ出世していく様が面白い。

映画.comから引用

正義感が強いが童貞で、警察学校では史上最低の成績を残している巡査・菊川玲二は、ある日突然、通称「モグラ」と呼ばれる潜入捜査官になるよう命じられる。麻薬の密売ルートを暴き、暴力団組織・数寄矢会の轟周宝会長を挙げるため組織へ潜入した玲二は、数寄矢会に渦巻く権力闘争や、日本最大の暴力団・蜂乃巣会との抗争に巻き込まれていく。

土竜の唄 潜入捜査官 REIJI : 作品情報 - 映画.com


あとは、予告編を見れば大体わかります。
www.youtube.com
もちろん映画も見ました。生田斗真が体当たりで、漫画を忠実に再現しております。これはすごい。


そして、配役がかなり豪華でこだわりを感じます。漫画に相当寄せています。
matome.naver.jp
映画版では、省略されている所もありますが、マンガで面白かった部分はちゃんと表現されているので、原作がマンガの映画の中では抜群の評価なのではないでしょうか。


続編はまだ見ていない。。。
www.youtube.com
こちらもマンガのキャラの再現率高め!


一体、何が魅力なのか?

おそらく、仲間を大事にする心成り上がり精神!だと思います。


この二点だけでいくと、ほぼワンピースと同じ魅力になるのかも。


ヤクザや任侠モノの醍醐味は、親子や兄弟(血縁関係はなくても盃を交わすことでそうなる関係のこと)をとても大事にしています。逆に、敵のことはとことん追い込みます。

この辺は、アウトレイジがかなりエグい。
demacassette2.hateblo.jp

しかし、この「土竜の唄」では、ワンピース同様、かつて敵だった相手を仲間に取り入れてしまうシーンが多々あるのです。その追い込み方や和解の仕方がなんかたまらなく男らしいのです。


かつて、「帝一の國」という漫画を紹介したことがありますが、共通項は多いです。血が出るかどうかの違いかな。
demacassette2.hateblo.jp


日常で参考になる要素も多い

この「土竜の唄」では、下っ端と上層部とのやりとりの描写が多いです。要は、上層部が下っ端の素質や意気込みを確かめているわけです。

その瞬間瞬間の対話、切り返し、意気込みの見せ方によって、その後のその人たちの関係性が決まってくる。ヤクザの世界なので、「やってやりますよ!」みたいなことを宣言して、実際にやってのけた奴がどんどん上にのし上がるという描写です。

もしやれなければ、恐怖のオトシマエが待っています。

こうゆうシーンって会社組織でもよくある話ですよね。
(もちろん、オトシマエはない。。。)

要は、上司と部下のやりとりってことです。
上司に媚びへつらう部下もある程度出世するとは思いますが、本質的に成功するのは「宣言と実行」ができる人だと思います。

もちろん、宣言したものがそこそこハードルが高い目標でないと相手は見向きもしません。これはヤクザ組織だろうが会社だろうが、コンビニ店長だろうが同じでしょう。


個人的には、出世欲が強いわけではないですが、自分がやりたいことを阻害されないような環境を作ることには、必死になっています。だから、なんとなく戦い所はずれていますが、一つ一つのやりとりを大事にするという描写がとても参考になるように思います。
demacassette2.hateblo.jp
時にはキレ方も大事


使っているアプリは「マンガワン

そして、この「土竜の唄」をマンガで無料で読んでいます。

以前、マンガを読めるアプリを自分なりにまとめていましたが、その時に漏れていたのが「マンガワン」というやつです。
demacassette2.hateblo.jp

play.google.com

この「マンガワン」というアプリは、小学館が出しているマンガを読めるアプリです。このアプリのすごい所は、朝9時と夜9時にそれぞれ4話分のポイントが自動的に加算されることです。
(24時間で、8話分回復。しかもどのマンガに使ってもいいのだ)

ピッコマだと1日待っても1話しか読めませんから、相当な差ですね。


しかも、結構著名なマンガがガンガン読めたりします。

結界師 コミック 全35巻 完結セット (少年サンデーコミックス)

結界師 コミック 全35巻 完結セット (少年サンデーコミックス)

ちなみに、土竜の唄は、ビッグコミックオリジナルで現在も連載中らしいです。



では、今日も4話ずつ読み進めることとします。



Have a nice ギャフン!