いつかギャフンと言わせたい

平凡な会社員が、いつか周りをギャフンと言わせるための自分記録ノンジャンル記録。

本当に風の力で歩くとは!?『大人の科学マガジン テオ・ヤンセン式 二足歩行ロボット』編

ここ最近は、ロボットとか電子工作に興味を持ち始め、とりあえず手っ取り早く感覚をつかめる媒体を探していました。会社の中には、それぞれの専門家がいて、いろいろ話を聞けるような、ありがたい環境ではありますが、やはり自分の中に感覚的なものが欲しいわけです。

そんなとき、「大人の科学マガジン」の存在を思い出しました。大昔に二眼カメラを作ったことがありましたが、そのときは何にも活用しませんでした。でもこのシリーズを改めて見ると、まさに手軽にカジるための媒体がここにあるではないか!!と思うばかりです。こんな楽しい書籍に今までなぜ手をつけなかったのか。。。

そして、今回はこれを購入。

自宅に届くやいなや、組み立ててみます。

初版は、2012年と相当古い。

テオ・ヤンセンとは

 テオ・ヤンセン(1948年-)
f:id:demacassette:20161123005432j:plain
 オランダの彫刻家(キネティック・アーティスト)、物理学者。オランダ、デン・ハーグ、スヘフェニンゲン出身。デルフト工科大学で物理学を学ぶ。1990年、風力で動作するストランドビースト(ビーチアニマル:オランダ語で、砂浜を意味する”Strand”と生命体を意味する”Beest”の2語を繋げた造語。)の制作を開始。科学を利用した多くの芸術作品を作成している。
テオ・ヤンセン (彫刻家) - Wikipedia

どこかの企業CMで使われて、知れ渡った印象があります。私もそれで初めて知りました。もともときっと有名だったのでしょうけれど。

中外製薬TVCF
(なんとなく、これではない気もしますが)

<関連>
theojansen.net

テオ・ヤンセンペーパークラフト

テオ・ヤンセンペーパークラフト



とりあえず開ける

付録を開けるとこんな感じ。

なんか細かいパーツが多いので、子供が寝静まってから、組み立てることを決意。

組み立て開始!

さ、やるぞ!と思ったが、まずはパーツの確認。おっ広げてみる。

多いな。。。本当に組み立てられるのだろうか?

第一段階:左脚

付属の本に組み立て方が書いてあるので、何も考えず、それに従うしかないです。

経過時間:15分

第二段階:右脚

 今度は右脚。左右対称なのかと思いきや、そうではないので、一つずつ丁寧に仕上げていく必要があります。とりあえず到達。

経過時間:30分

第三段階:本体組み立て

ここからは、私の三次元処理能力が追いつかなくなります。いよいよ、全体像が見えてくる。はず?

説明書も、カオスってきました。

そして、右脚に間違い発見!修正で10分ほど費やします。

ここからどうなるのか、この時点では、あまり想像できません。

歯車とかなんとかはめた。


経過時間:60分

足と風車を取り付ける

さて、最終段階。感動のフィナーレに導けるか?

なんとなく、形になってきました。二足歩行感が出てます。

経過時間:90分

完成!感動!!

そして、出来ました!マジ難しかった。

風車がついて、堂々たるテオヤンセン感です。


そして、いよいよ、実際に正面から息を吹いてみる。。。
はてなだと動画があげられないので、twitter経由で。

ほ、本当に歩いてくる!!!
これはマジで感動ものです。
よちよち歩いてくるので、子供みたいです。
ロボットなのに、生物っぽい動きをする不思議な作品ですね。


感想

 組み立てた後は、達成感ありましたが、正直これは難しかったです。パーツが細かいのと、最終イメージがしにくいので、随所に「これであってるのか?」という疑念を抱きながら組み立てていきました。案の定、いくつかのミステイクをしており、出戻りがありましたが、1時間半くらいで完成できました。私は機械工学系の人間ではないですが、昔はプラモデル製作、ミニ四駆カスタマイズなどをかじった経験はあります。手先が器用な人であれば、もっと早く完成できるのではないでしょうか。道具は精密用のプラスドライバーだけでいけました。ニッパーがあれば、パーツを綺麗に切り抜くことができて、より良いかもしれません。

  • 難易度:★★★★☆
  • 時 間:★★★☆☆



次は、ミニ卓上掃除機に挑戦予定。