読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Without Me

自分の自分による自分のための記録

本屋で気になった、マネジメント系の著書

memo memo-Books

さて、最近はめっきりマネジメント系の本に目が行くようになりました。これまでは、なんとか企業がまちづくり事業として行える道筋を探すために、ヒントとなる著書にばかり目が行っていました。しかし今年から、新たな展開があったということで、マネジメント系の著書にも目を通そうかと思っています。どこまで読めるかは別の話。。。

実例を交えたケーススタディ

わりきりマネジメント

タイトルに「わりきり」ってあるのは、なかなか攻めたなと思い、すぐに目に飛び込んできました。内容もわりきっているのかもしれない。それを確かめるためにも、読んでみるしかあるまい。

わりきりマネジメント

わりきりマネジメント


やっててよかったトヨタ

まずは、トヨタ式。いわゆるカイゼンってやつですね。そして、そのトヨタ式で組織を強くするポイントがあるのなら、すがりたいものです。先日ホンダの事例を垣間見ましたので、是非比較資料として、読むべきものかもしれません。

トヨタ式 「全員が強いチーム」のつくり方 人を育て、結果を出す40のルール

トヨタ式 「全員が強いチーム」のつくり方 人を育て、結果を出す40のルール

マンガでわかる! トヨタ式育てる技術

マンガでわかる! トヨタ式育てる技術


マックじゃないよ、マッキンゼー

今度はマッキンゼー。得体の知れない世界最強と呼ばれるコンサル会社。果たして中身はいかほどか?全く知らない世界なので、これは一読しておくべきかもしれぬ。という思い。そして、マンガでわかるシリーズは、どうしてもとっつきやすくて手に取ってしまいますえ。

なぜマッキンゼーの人は年俸1億円でも辞めるのか?

なぜマッキンゼーの人は年俸1億円でも辞めるのか?

マンガでわかる! マッキンゼー式 リーダー論

マンガでわかる! マッキンゼー式 リーダー論


読むのはマスト?ドラッカー

いわゆる「もしドラ」ってやつです。最近では、イノベーションと企業」というタイトルも出ているので、気になっていましたが、いよいよ手を出さずにはいられない状況かもしれません。



番外編

日本の給料&職業図鑑

日本の職業の概要と年齢別の給与がざっくり書かれているポップな本です。これ、やばいす。クラスチェンジとか書いてるし、もはやゲームの攻略本的ノリです。絶対にそうゆうノリで作ってるはず!だから面白い。

日本の給料&職業図鑑

日本の給料&職業図鑑

著書の元となったサイトはこちらのようです。
kyuryobank.com
例えば、不動産鑑定士はこんなイメージ。
f:id:demacassette:20160516005500p:plain:w300
かっこよすぎでしょう。ってかサイトで紹介されているなら本買う必要ない??(本バージョンの方がより詳しく書かれているようです!)


楽天ユーザーの方向け

<理由はともかく楽天で買いたい人は、以下からどうぞ>

わりきりマネジメント [ 俣野成敏 ]
価格:1512円(税込、送料無料)

トヨタ式育てる技術 [ 摩周子 ]
価格:1080円(税込、送料無料)

日本の給料&職業図鑑 [ 給料BANK ]
価格:1058円(税込、送料無料)