いつかギャフンと言わせたい

平凡な企業研究員が、いつか周りをギャフンと言わせるための野心的かもしれないゆるい記録

『まんがでわかる セブンイレブンの16歳からの経営学』を読んだ矢先に、鈴木会長辞任のニュース! どうなる?コンビニ業界!

10年前、就職で関西に引っ越してきたとき、近所のS友で古本屋がどこにあるか尋ねました。そこで教えてもらった古本屋が、なんと閉店セールをしていたので、悲しくなりつつも、この際なので比較的新しめの専門書を買いあさりました。

その一つがこれ。

まんがでわかるセブン‐イレブンの16歳からの経営学

まんがでわかるセブン‐イレブンの16歳からの経営学

定価は1000円のようですが、古本での売値は500円。店じまいセールにより30%オフの350円で買えました。

「まんがでわかる」という文字に気づかず、うちに帰って開いたらまんがやん!ってなりまして、すぐに読みきりました。

内容的には、今や当たり前になっている流通業のノウハウの紹介といった感じ。

  • 16歳のバイトでもすぐに発注業務をやらす
  • 天気やテレビの情報を観察し用意すべき商品を考える
  • 本社部門ではposデータを活用して商品開発を行う
  • 一方で現場での判断が最後は優先される
  • 何度も来てもらえるような工夫をする

などなど。私にとっては初めて知ることも多くて面白かったですが、流通系の人なら当たり前のことなのかな?と、感心していた矢先に飛び込んできたのがこのニュース。
toyokeizai.net
ワオ!
セブンイレブンの鈴木さんってすげー!」って気持ちになっていたところに、「え?何があった?今のコンビニを作り上げた人が退くの?」というWHYの気持ちが。

早速、鈴木会長の功績を振り返るサイトが。
vdata.nikkei.com
ふむふむ。


そして、コンビニ業界全体に動きが!なんか、鈴木会長の引退を予期していたのか、連動性を疑わずにはいられない動きですよね。
zuuonline.com
news.livedoor.com
どうなっていくのでしょう?ここでは深追いはしませんけどw


それにしても、最近のコンビニはほんとにサービスが多彩だと実感します。
惣菜、自然食品、コーヒー、チケット、ATM、郵便(宅配)、住民票出力(一部)、宅配受取、イートインスペース、駅ナカ店舗、などなどあげ始めたらキリがありません。その大部分を鈴木会長が牽引してきたのかもしれませんね。もしくは礎を作った。
が、やはり時代の流れは早く、ポイントカードサービスの超拡大展開など、単に店舗勝負ではなくなっている様相はありますよね。

cards.hateblo.jp

※最近、ローソンでTポイント貯まるって言ってるけど、ポンタとどっちがいいのか悩んでますよ。←あ、これはもともとTカードが使えるスリーエフとポンタカードのローソンが提携する流れが影響しているのかな?!

まさか、古本屋の店じまいセールからコンビニ業界に興味を持つとは。こんな感じの流れでしたね。

偶然立ち寄った古本屋が店じまいセールやってた→偶然セブンイレブンの本が置いてあった→まんがだったのですぐ読んだ→セブンイレブンとかコンビニ業界に興味持った→セブンイレブン鈴木会長辞任!→コンビニ業界の動向きになる!!!

これはバタフライ効果というのかな?一応小さなバタフライエフェクトですよね。


というわけで、今後もコンビニ業界リサーチします。