いつかギャフンと言わせたい

平凡な企業研究員が、いつか周りをギャフンと言わせるための野心的かもしれないゆるい記録

Rでデータ読み込み1(ディレクトリの変更)

さて、Rネタが続きますが、あくまで自分のためです。

複数データをプロットの回では、matplotというコマンドを用いて複数データをまとめてプロットできました。こうゆうことが簡単にできるということがわかれば、なんだか世の中のデータをプロットしたいなぁなんて思ったり思わなかったりします。というわけで、今回はRにデータを読み込ませることを確認します。

と、データを読み込む前に、まず以下のコードを実行!

getwd()

するとどうでしょう、こんな値が返ってきます。

> getwd()
[1] "/Users"

getwd()は、現在Rが作業しているディレクトリの場所を教えてくれるコマンドです。現在、私は"/Users"というディレクトリ(フォルダ)で作業しています。ということを意味しています。つまり、このフォルダに読み込みたいデータを入れておけば、後で紹介するコマンドで読み込むことができます。

しかしながら、こんな上の階層(ルート"/"に近い)ディレクトリではあまり作業したくないですよね。きっと専用のフォルダを作成している方がやりやすいので、そのディレクトリに作業ディレクトリを変更する手続きをします。

 

■R本体での設定方法

(Mac) 「その他 > 作業ディレクトリの変更」 で任意の場所を指定

(Win) 「ファイル > ディレクトリ変更?」 で任意の場所を指定

※今はMacで実行しているのでWinの設定画面は不明瞭。ただしWinのR画面の方がわかりやすい。

 

■RStudioでの設定方法(RStudioについては過去エントリ参照)

コンソール画面の上部にある矢印をクリック

f:id:demacassette:20150118012406p:plain

 

> 右下の画面の「Files」で任意のフォルダに移動

 > 「move」ボタンをクリックし、「set as working directory」をクリック

f:id:demacassette:20150118012505p:plain

少々厄介ですが、慣れるとこっちの方がスムースですね。

 

さて、変更できたがどうか確認するためもう一度おまじないを

> getwd()
[1] "/Users/Desktop/R_study/in_data"

など、任意のディレクトリが表示されれば、最初の一歩が終わりです。

以外と長くなったので、読み込みとデータ処理は次回とします。