いつかギャフンと言わせたい

平凡な会社員が、いつか周りをギャフンと言わせるための自分記録ノンジャンル記録。

R言語向けテキストエディタ

前回のエントリでは、複数データ(簡単なベクトル)を同じグラフ内に描くことを確認しました。しかし、Rに限らない話ですがプログラミング言語を使う際、いちいち直接入力してられません。(Rではコードを入力する画面をコンソールと言います。)

そうゆう悩みに答えるために、世の中(世界的)にはフリーなのに便利なツールがたっくさんあります。ま、Rもその一つですが。 

ここで記録しておくのは、R言語を扱えるテキストエディターの一部です。

 

Win/Macユーザー向け → Home - RStudio



Winユーザー向け → Notepad++ Home



個人的には、大学院時代にNotepad++を使っていたのでこちらに慣れています。起動も軽いし、是非Winユーザーの方はこちらを。

 

一方Macユーザーは、使えるエディターが限られます。一番のおすすめは、上記のRStudioです。これは、エディター、コンソール、格納データ表示、プロット画面までが一体となったソフトで、使いこなせばとても便利なものです。個人的には、いろんな機能が一体となっているので、編集画面が小さいということが悩みです。

 

matplotのコードを入力、実行した画面

f:id:demacassette:20150114220756p:plain

 

以上